TOP >大川隆法著作 > ミャンマーに平和は来るか

  • 新着

ミャンマーに平和は来るか

アウン・サン・スー・チー守護霊、ミン・アウン・フライン将軍守護霊、釈尊の霊言

・著者
大川隆法
1,540 円(税込)
・四六判 203頁
・発刊日
2021-04-03
・在庫
アリ
・発送日目安
1~3営業日後

・通常配送無料 詳細

数量:
カゴに入れる
第二のチベットになるのか?
香港のように恐怖の支配が始まるのか。

軍事クーデターは、
中国が仕掛けた“罠”。


ミャンマーを取り巻く複雑な情勢を、
スー・チー氏と軍最高司令官の
守護霊インタビューから読み解く。
さらに釈尊の霊言によって、
問題の核心とアジアの平和の護るため
日本が担うべき役割が明らかに。


◆なぜ、クーデターが起こったのか?
 ――裏から糸を引く中国の思惑とは
◆日本からの救済を願うスー・チー氏
 不当に政権を奪った国軍の驚くべき理由
◆スー・チー氏の弱点!?
 国際的な非難を浴びた
「ロヒンギャ問題」の真相
◆日本企業のミャンマーへの工場移転を
 阻止することも中国の巧みな戦略
◆アジア全域の民主主義の転覆を
 目論む習近平の侵攻計画とは!?


これは、ミャンマー
一国の問題ではない。

 日本政府は、
スー・チー氏の解放を
求めて行動を起こすべきだ。



■■ しゅ・ご・れい【守護霊】 ■■
人間の潜在意識のことで、あの世から地上にいる人を守る過去世の魂。タテマエではない本音を語る性質がある。

■■ アウン・サン・スー・チーの人物紹介 ■■
1945年~。ミャンマー(ビルマ)の政治家、民主化運動指導者。ビルマ建国の父アウン・サン将軍の娘。1988年、イギリス留学から帰国後、国民民主連盟(NLD)を結成して総書記に就任するが、軍事政権により2010年まで断続的に自宅軟禁下に置かれる。1991年、ノーベル平和賞を受賞。2012年、NLD議長に就任し、下院議員に初当選を果たす。15年、総選挙でNLDが軍事政権に圧勝。20年11月の総選挙で再び圧勝するも、21年2月1日に国軍がクーデターを実行し、拘束された。

■■ ミン・アウン・フラインの人物紹介 ■■
1956年~。ミャンマー(ビルマ)の軍人、政治家。国軍司令官。ラングーン芸術科学大学(現・ヤンゴン大学)で法律を学び、1974年、国軍士官学校に入学する。2007年、僧侶主導の反政府デモ「サフラン革命」の鎮圧を支援。08年から武装反体制勢力の排除を指揮し、その功績により11年には国軍司令官に昇進する。17年にロヒンギャへの残虐な弾圧を指揮したとして、「ジェノサイド」の罪で国連から訴追勧告の対象とされている。21年2月1日、総選挙に不正があったことを理由にクーデターを起こし、全権を掌握した。


■■ 釈尊(ゴータマ・シッダールタ)の人物紹介 ■■
約2千5、6百年前に、現在のネパールで生まれた仏教の開祖。当時、その周辺地域のカピラヴァスツを治めていた、釈迦族のシュッドーダナ王(浄飯王)とマーヤー夫人(摩耶夫人)の子として生まれる。王子として育てられるも、道を求めて29歳で出家し、35歳で大悟。鹿野苑で最初の説法(初転法輪)を行って以降、八十歳で入滅するまでインド各地で法を説き続けた。その後、仏教は世界宗教となる。「釈迦牟尼世尊(『釈迦族の偉大な方』の尊称)」を略して「釈尊」と呼ばれる。

目次

まえがき

第1章 ミャンマー情勢への憂いと願い
    ─アウン・サン・スー・チー守護霊の霊言─
 1 日本では関心の低いミャンマー問題について
 2 軍事クーデターの背後にある中国の狙い
 3 日本や欧米への期待と失望
 4 アジアの大国としての日本の使命
 5 アウン・サン・スー・チー女史の魂の秘密
 6 人材難で苦しむミャンマーの現状

第2章 クーデターの真相と中国の狙い
    ─ミン・アウン・フライン将軍守護霊の霊言─
 1 なぜ、ミャンマーで軍部はクーデターを起こしたのか
 2 将軍守護霊が聞いた「中国の今後の展望」とは
 3 ミャンマー国民の抵抗にどう対処するのか
 4 国際社会からの批判にどう対応するか

第3章 ミャンマー問題への総括
    ─釈尊の霊言─
 1 釈尊からミャンマー問題についての総括を賜る
 2 日本は世界に責任を持つ国となれ
 
〈特別収録〉
ミャンマー・クーデターに対する宇宙からのメッセージ
  ─UFOリーディング61(ウィルマー星ウィルマー)─
 1 ミャンマーへの援助を求めに来た宇宙存在
 2 中国によるミャンマー乗っ取りの陰謀
 3 ウィルマー星人の憂いと願い

あとがき

コラム

中国に篭絡された国軍
日本はアジアのために尽力を

 
コラム挿絵『ミャンマーに平和は来るか』
米新政権の発足を見計らったかのように、ミャンマーで軍事クーデターが勃発。本書では、民主化運動の指導者スー・チー守護霊と、軍部のフライン将軍守護霊によって、軍事政権を中国がバックアップしていることが明らかになった。スー・チー守護霊は、先の大戦で日本がアジアをヨーロッパから解放したことを評価し、「日本がリーダーとしてアジアの平和を護ってほしい」と訴える。また、この仏教国の行く末と日本の役割について、釈尊の霊言も収録。

お客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

商品情報

ミャンマーに平和は来るか

アウン・サン・スー・チー守護霊、ミン・アウン・フライン将軍守護霊、釈尊の霊言

・著者
大川隆法
1,540 円(税込)
・四六判 203頁
・発刊元
幸福の科学出版
・ISBN
978-4-8233-0259-6
・発刊日
2021-04-03
・在庫
アリ
・発送日目安
1~3営業日後
ご注文が集中した場合は、出荷までに
お時間をいただくことがございます

・通常配送無料 詳細

数量:
カゴに入れる