TOP >大川隆法著作 > 人の温もりの経済学

人の温もりの経済学

アフターコロナのあるべき姿

・著者
大川隆法
・定価
1,650 円(税込)
・四六判 187頁
・発刊日
2020-07-18
・在庫
アリ
・発送日目安

・通常配送無料 詳細

数量:
カゴに入れる
コロナ・パンデミックによって
加速する大きな政府と全体主義化――

いまこそ、自由を(まも)れ。

【「3密」回避がもたらす
経済と民主主義の崩壊】

◇必要なのは「知恵のある自助論」
 巣ごもりし、他人と会わず、
政府の配給を待つだけになるな
◇「大きな政府」の危険性とは何か?
 財政赤字から抜け出せず、
人間を堕落させる傾向がある
◇人の顔が見え、人が心を込めて
つくったものが値打ちを生む
 そんな経済をつくる必要がある



【政府が狙っているは
「貯金税」「消費税30%」!?】

◇マイナンバー制によって
個人の口座を把握。
 コロナ対策を大義名分に
さらなる増税へ
◇AI全体主義による
監視社会は、自由の死滅
◇“御用マスコミ”が国民の政治的自由と
選択の自由を奪っている
 都知事選への疑問


第2章に緊急収録!
「香港危機に何を学ぶべきか」
◇香港安全法の成立――
 幸福の科学が10年以上前から
指摘してきた危機が現実に
◇「より完成したナチズム」――
 共産党中国を先進国だと
決して誤解してはならない
◇巨大な独裁国家・中国に対し、
自由化・民主化は神の意志

目次

まえがき

第1章 人の温もりの経済学
 1 コロナ禍の日本の現状をどう見るか
 2 「3密」回避がもたらす経済と民主主義の崩壊
 3 AIには分からない人間の本質
 4 AIと全体主義が支配する経済の行方
 5 次の時代に必要な「人の温もりの経済学」とは
 6 アフターコロナに必要な「宗教のある国家経営」

第2章 香港危機に何を学ぶべきか
 1 香港の自由を脅かす「香港安全法」の成立
 2 ナチズムと習近平・中国政府の類似点
 3 中国共産党成立の歴史
 4 全体主義国家・中国の危険性について
 5 全体主義化する日本の問題点
 6 真の繁栄に必要な「自由」の思想

あとがき

コラム

このままでは自由が死滅する
知恵のある自助論が必要

 
コラム挿絵『人の温もりの経済学』
「命か、経済か」の踏み絵を迫られ、未曽有のコロナ不況を迎えている。本書では「3密回避」という政府の対応策に潜む「自由の死滅」の危険性を指摘し、国民の自助努力と創意工夫による経済の再生を提唱している。政府の補助金に頼っていたら、必ず増税がやってくる。さらには感染予防と称し、AIでの管理が始まれば、中国のような全体主義へとまっしぐらだ。ここで踏みとどまり、人が汗を流してお金を稼ぐ経済の原点を忘れてはならないと進言する。

お客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

  • 「人の温もり」の大切さ

    IT技術で人を介さない流れが流行するなかで、人間にとって、大切である「人の温もり」の大切さについて、力説されているため、勉強になりました。
    ありがとうございました。

    2020/10/07 京都府/20代/男性さんからの投稿 おすすめレベル:★★★★★

  • 必要な自由権

    「黙ってろ」という圧力があるなか、声を出すということをしていくために必要な自由権としての言論の自由というのがわかりやすかったです。

    2020/09/11 神奈川県/40代/男性さんからの投稿 おすすめレベル:★★★★★

全て見る (件)

商品情報

人の温もりの経済学

アフターコロナのあるべき姿

・著者
大川隆法
・定価
1,650 円(税込)
・四六判 187頁
・発刊元
幸福の科学出版
・ISBN
978-4-8233-0130-8
・発刊日
2020-07-18
・在庫
アリ
・発送日目安
ご注文が集中した場合は、出荷までに
お時間をいただくことがございます

・通常配送無料 詳細