原作本の映画化作品

夜明けを信じて。

誰もいないこの道を
進むしかなかった。
自分自身と「内なる声」
だけを信じて――。

1991年7月15日、
東京ドーム。この日、
宗教家・一条悟の大講演会が
はじまろうとしていた。
マスコミも大々的に報じ、
日本中が注目する一大イベント。
その模様をレポートしている
アナウンサー・立花美穂。
そのテレビ画面を見ている
裁判官の水瀬千晶。
そして郷土の母や学生時代の友。
さらにかつての会社員時代の
同僚や上司たち――それぞれの
悟との日々が回想される……。

8ヵ国41冠
マドリード国際映画祭2020 長編外国語映画部門 最優秀作品賞レインダンス映画祭2020 特別上映作品
サンディエゴ国際映画祭2020 公式選出作品 他


製作総指揮・原案:大川隆法
公開:2020年/配給:日活
公式サイト

映画化作品の一覧へ

このページのTOP ▲